読み込み中...

ニュー マハラジャ

1928年、ブシュロンは、パティアラのマハラジャからの依頼により、パリ・ヴァンドーム広場の歴史上最も大規模なジュエリーのスペシャルオーダーを受け、数多くのジュエリーを制作しました。2022年、クリエイティブディレクターのクレール・ショワンヌが、この至高の逸品へのオマージュとして誕生させた「ニュー マハラジャ」。ブシュロンのスタイルの歴史に新たなページを刻みます。

インド、パティアラのマハラジャ

1928年8月2日、ブピンドラ・シン殿下の来訪にヴァンドーム広場は歓喜しました。40人の従者を引き連れてパリを訪れたのです。マハラジャの一行を受け入れるために、オテル・リッツは35部屋のスイートを準備したと言われています。マハラジャは約2mの長身で、ジュエリーを非常に好むことでも有名でしたが、彼がジュエリーオーダーのためにどのジュエラーを訪れるかは誰も知りませんでした。その夏の日、6個の鉄製の金庫を抱えた従者と共に、ブピンドラ・シン殿下はヴァンドーム広場を抜け、ブシュロンのブティックを訪れました。そこで、彼は創業者フレデリック・ブシュロンの息子、ルイによって迎えられたのです。金庫の中身は、数千にもおよぶダイヤモンド、ルビー、エメラルド、パールでした。こうして、ルイ・ブシュロンは、マハラジャのために149ものデザインを考案しました。エメラルドやダイヤモンド、そして幾重にも連なるパールのネックレス、貴石で飾り立てたベルトなど、ブシュロンによって生み出されたハイジュエリーは、今日でも語り継がれる作品となったのです。

現代のマハラジャ

「パティアラのマハラジャのオーダーはおとぎ話のよう。いつ聞いても、夢心地になるのです」とクレール・ショワンヌは語ります。アーカイブに収蔵されている149点のデッサンが、このコレクションのインスピレーションとなりました。過去の作品を現代に合わせて再構築し、現代のマハラニやマハラジャ、個性やスタイルを表現したいと願う人々に捧げるコレクションです。

ニュー マハラジャ コレクションの創作のために、蓮の花、ターバンの装飾品、婚礼儀式のブレスレットといったインドを象徴する要素を取り入れるだけではなく、宝石彫刻といった伝統的な技法にも焦点を当てました。クレール・ショワンヌは、創造的かつ現代的な視点から、白や透明の色使いを採用することで純粋さを表現し、男女問わず自然な形で着用できる大胆なサイズのジュエリーをデザインしたのです。

ニュー マハラジャ

神聖なるエメラルド

プラチナ、ダイヤモンド、エメラルド、ロッククリスタル

「コレクションの中で唯一色味のあるシリーズが物語るのは、パティアラのマハラジャによるオーダーを物語るジュエリーですが、その歴史を感じさせない現代的なデザインです」クレール・ショワンヌは述べます。

中央のモチーフを形成しているのはコロンビア産エメラルド9石(約40カラット)で、ブローチとしても着用することができます。ブローチパーツを外したネックレスは、バゲットカット エメラルドが首のラインに沿う美しいショートネックレスとなります。身体の動きにあわせて輝きを放ちます。このネックレスの美しさを損なうことなく、軽やかな印象にするために、1928年には外側にセットされていたエメラルドをダイヤモンドに置き替えました。ダイヤモンドをクリスタルロックで覆うことで、パヴェダイヤモンドは輝きが増し、その優美な曲線が強調されます。


サクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャサクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャ
サクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャサクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャ
サクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャサクル ドゥ エメラルド ネックレス - ニュー マハラジャ





ニュー マハラジャ ネックレス
ニュー マハラジャ ネックレス

ニュー マハラジャ ネックレス コロンビア産 エメラルド 9石 (計38.73カラット)、ダイヤモンド、 ロッククリスタル、エメラルド、プラチナ、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ
ニュー マハラジャ ネックレス
ニュー マハラジャ ネックレス

ニュー マハラジャ ネックレス コロンビア産 エメラルド 9石 (計38.73カラット)、ダイヤモンド、 ロッククリスタル、エメラルド、プラチナ、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ
ニュー マハラジャ イヤリング
ニュー マハラジャ イヤリング

ニュー マハラジャ イヤリング エメラルド 58石(計35.93カラット)、 ダイヤモンド、プラチナ

お問い合わせ






サクル ドゥ エメラルド イヤリング - ニュー マハラジャサクル ドゥ エメラルド イヤリング - ニュー マハラジャ

1928年に制作されたネックレスからインスピレーションを得たクレール・ショワンヌは、プラチナとエメラルドを組み合わせたフープイヤリングをデザインしました。マハラジャのために制作されたネックレスのフォルムは活かしながら、耳元に合わせたサイズ感で再現されています。太陽のようなデザインのイヤリングは、ダイヤモンドとその先端に58石のドロップカット エメラルドがあしらわれています。


ニュー マハラニ

ホワイトゴールド、ダイヤモンド、ロッククリスタル


「3通りの着用ができるネックレスです。ロッククリスタル、ダイヤモンド、マザーオブパールのモノクロームのジュエリーで、透明感と繊細さの中に華やかさを表現しています」

クリエイティブディレクター、クレール・ショワンヌ

ニュー マハラニ ネックレス
ニュー マハラニ クリスタル ネックレス
ニュー マハラニ ナクレ ネックレス

ニュー マハラニ ジュエリー - ニュー マハラジャ

ニュー マハラニ ネックレス

壮麗な蓮の花

ホワイトゴールド、ダイヤモンド、ロッククリスタル

蓮の花をイメージしたモノクロームのチョーカーは、ホワイトゴールドにセットされたダイヤモンドが肌の上にレースを描き、中央にはクッションカット ダイヤモンド(4.08カラット)が輝きます。「軽やかな印象にするため、レースのような透かしを施し、そこにダイヤモンドとロッククリスタルを組み合わせました」とクレール・ショワンヌは述べます。

このネックレスは、中央から上下2つに分けられ、それぞれをチョーカーとして着用することができる、エレガントなマルチウェアジュエリーです。


ニュー マハラニ ネックレス - ニュー マハラジャニュー マハラニ ネックレス - ニュー マハラジャ
ニュー マハラニ ネックレス - ニュー マハラジャニュー マハラニ ネックレス - ニュー マハラジャ
ニュー マハラニ ネックレス
ニュー マハラニ ネックレス

ニュー マハラニ ネックレス クッションカット ダイヤモンド1石(4.08カラット) ダイヤモンド、ロッククリスタル、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ
ニュー マハラニ ネックレス
ニュー マハラニ ネックレス

ニュー マハラニ ネックレス クッションカット ダイヤモンド1石(4.08カラット) ダイヤモンド、ロッククリスタル、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ




ニュー マハラニ クリスタル ネックレス

透明感と輝き

ダイヤモンド、ロッククリスタル、イエローダイヤモンド、ホワイトゴールド

ホワイトゴールドのコードにダイヤモンドが敷き詰められた輝くネックレスは、インドの伝統的なロングネックレスからインスピレーションを得ています。 タッセル付きのネックレスやショートネックレスとしても着用することが可能です。宝石に彫刻を施す伝統的な技法を、ロッククリスタルに使用しています。古来よりインド人は、ロッククリスタルの中に石化した水が見えると信じてきました。

ニュー マハラニ クリスタル ネックレス
ニュー マハラニ クリスタル ネックレス

ニュー マハラニ クリスタル ネックレス クッションカット ダイヤモンド5石(計7.35カラット) ダイヤモンド、ロッククリスタル、イエローダイヤモンド、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ

ニュー マハラニ ナクレ ネックレス

上質なテクスチャーのモノクローム

ダイヤモンド、ロッククリスタル、パール、マザーオブパール、ホワイトゴールド

日本産パールを5,178個使用した、壮麗なカスケードネックレス。カスケードのアクセントになっているのは、彫刻を施したロッククリスタル。パヴェダイヤモンドによって内側から輝きを放ちます。マザーオブパールに彫刻された蓮の花を中央のモチーフにあしらったジュエリーは、マルチウウェアとして7通りもの異なる表情を楽しませてくれるのです。
ネックレスは、ロング、ショート、あるいはチョーカーとして、エレガントな動きを維持します。また、2本のパール ブレスレットはフルピースから取り外して着用することができます。パール、ダイヤモンド、マザーオブパールで構成されたメインの長いモチーフはブローチに。スーツに華を添えます。


ニュー マハラニ マザーオブパール ブローチ - ニュー マハラジャニュー マハラニ マザーオブパール ブローチ - ニュー マハラジャ
ニュー マハラニ マザーオブパール ブローチ - ニュー マハラジャニュー マハラニ マザーオブパール ブローチ - ニュー マハラジャ

ニュー マハラニ ナクレ ネックレス
ニュー マハラニ ナクレ ネックレス

ニュー マハラニ ナクレ ネックレス ペアシェイプ ダイヤモンド 1石(0.71カラット)、ダイヤモンド、 ロッククリスタル、マザーオブパール、パール、ホワイトゴールド マルチウェアの伝統を受け継ぐネックレス

お問い合わせ
ニュー マハラニ ナクレ リング
ニュー マハラニ ナクレ リング

ホワイトゴールドに、マザーオブパールとダイヤモンドを敷き詰めて蓮の花を表現したリング。センターストーンのマーキスカット ダイヤモンドは、単体でソリテール リングとしても着用いただけます。

お問い合わせ



ニュー パドマ

身に纏うモダン

ダイヤモンド、マザーオブパール、パール、ホワイトゴールド

インドの純潔の象徴である「パドマ」は、蓮を意味します。ブシュロンはこの神聖な蓮の花を、現代的なイヤリングで表現しました。
耳元でゴールドとパールの放つ輝きが広がります。先端にはドロップ型のダイヤモンドとマザーオブパールの雫があしらわれ、伝統的な技法を用いた彫刻が施されています。


ニュー パドマ イヤリング - ニュー マハラジャニュー パドマ イヤリング - ニュー マハラジャ
ニュー パドマ イヤリング
ニュー パドマ イヤリング

ニュー パドマ ナクレ イヤリング ペアシェイプ ダイヤモンド2石(計1.20カラット)、 ダイヤモンド、マザーオブパール、パール、ホワイトゴールド

お問い合わせ

アンサンブルを完成へと導く、ピュアな輝きを放つ2つのリング ひとつめは、ドーム型のロッククリスタルのリング。これもまた伝統的なグリプティック技法によって、透明な蓮の花が彫刻されています。土台にはカショロンが使用されています。ブシュロンのアイコニックなカボションカットのリングから着想を得たデザインです。
2つ目は、ペアシェイプのリングで、ロッククリスタルにシャープなカットが施されています。バゲットカット ダイヤモンドが施されたリングの中央には、ペアシェイプ ダイヤモンドがあしらわれています。


ニュー パドマ リング - ニュー マハラジャニュー パドマ リング - ニュー マハラジャ
ニュー パドマ リング - ニュー マハラジャニュー パドマ リング - ニュー マハラジャ
ニュー パドマ クリスタル リング
ニュー パドマ クリスタル リング

ニュー パドマ クリスタル リング ダイヤモンド ロッククリスタル、カショロン、ホワイトゴールド

お問い合わせ
ニュー パドマ ディアマン リング
ニュー パドマ ディアマン リング

ニュー パドマ ディアマン リング ペアシェイプ ダイヤモンド1石(2.01カラット)、ダイヤモンド、 ロッククリスタル、カショロン、ホワイトゴールド

お問い合わせ

ニュー チュリヤーン

繊細なハーモニーを奏でて

ダイヤモンド、マザーオブパール、パール、ホワイトゴールド

チュリヤーン ブレスレットは、インドで女性が結婚するときに着用され、身を守るものと考えられています。ホワイトゴールドに、ダイヤモンド、マザーオブパール、パールをあしらい、この伝統な装身具を再構築しました。様々な素材が組み合わせ次第で繊細な輝きや質感の違いを演出し、着け方により手首の印象も変化します。

常にメゾンの歴史からインスピレーションを得ているクレール・ショワンヌは、この芸術作品と同様に、着用していない時に10本のブレスレットを収納するボビンをマザーオブパールでデザインしました。


ニュー チュリヤーン ブレスレット - ニュー マハラジャニュー チュリヤーン ブレスレット - ニュー マハラジャ
ニュー チュリヤーン ブレスレット - ニュー マハラジャニュー チュリヤーン ブレスレット - ニュー マハラジャ

ニュー サルペック

華やかな螺旋

ホワイトゴールド、ダイヤモンド

このターバンの装飾品はサルペックと呼ばれ、クレール・ショワンヌの解釈で誕生したヘッドジュエリーやブローチになりました。前世紀初頭にマハラジャが誇らしげに身に着けていたサルペックを、現代風に解釈しました。このジュエリーの優美な曲線には様々なサイズのダイヤモンドがセットされ、2石のローズカット ダイヤモンドによって一層輝きを増します。


ニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャ
ニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャ
ニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャニュー サルペック ブローチ - ニュー マハラジャ

かつて・・・

パリ・ヴァンドーム広場における、歴史上最も大規模なこのジュエリーのスペシャルオーダーについて、歴史家ヴァンサン・メイランは情熱的に語ります。「1928年8月のある日の朝のこと。マハラジャは従者を引き連れてやってきました。従者たちもまた堂々としたいで立ちで、鉄製の金庫を携えていました。ヴァンドーム広場26番地のブティックでマハラジャの一行を出迎えたのはルイ・ブシュロン。彼がかつて見たことないほどの驚くべき宝石の数々が詰まっていたのです。」